一日かけての刺しゅうPRO ワッペン講習



本日は、宮崎県から刺しゅうPRO の講習でお客さまがご来店。

ワッペンの作り方をあらためて。

その場で刺しゅうPRO 10 にアップグレードしていただいて、
データ作成の勘どころをお伝えさせていただきました。

ミシンでの縫製そのものには慣れておられるお客さまなので、
ヒートカットでのワッペンの切り出し方など以外は、
基本的にデータ作成についてのあれこれを。

いろいろお伝えしたことはありますが、
刺しゅうは「拡大縮小自由自在」ではないので、
つねに実寸を念頭に入れてデータを作っていきます。

L、M、S のサイズで縫製する必要があるのなら、
3種類のデータを準備しなければいけない、ということ。
このへんに神経を届かせることができると、
刺しゅうのクオリティが、俄然、上がってきます。

午前中から夕方までみっちりの講習でしたので、
さすがにお疲れになったのではないかと思いますが、
今後のお仕事に活かしていただければいいなあ!と思います。

でも、フェリーのなかで倒れちゃうほどは働き過ぎちゃいけませんよ。
ほんと(笑)。








0 件のコメント:

コメントを投稿