フォトステッチで マッドマックス 怒りのデス・ロード 1



brother 刺しゅうPRO 10 のフォトステッチ機能で、
マッドマックス 怒りのデス・ロード、
マックスを brother PR1000e で縫製しています。

先週作ったデータは、
週が明けるとすこし淡白すぎる気がしたので、
思い切って再調整。

14時間かけて1/3を縫い上げたところ。

うーむ、すこし、濃い???
次の段階でトム・ハーディの顔が潰れてしまうぎりぎりかも。
いや、そこを狙ってみたのではありますが。

これまでとちがうことをいっぱい試しているので、
この先がじつはたいへん不安です。

本来、こういう分割された刺しゅうは、
縫い縮みの影響と刺しゅうの仕上がりの雰囲気をチェックするため、
「顔」からステッチしているのですが、
そうでない面から縫っているのはその不安の表れ(笑)。

ま、なにごとも、冒険。
新しい知見は新しい試みから。

このまま進めるかどうか。
縫製途中ですこし考えてしまったのですが、
ここまで縫い終えたところでこの先を見たくなりました。

というわけで、明日もこの続き、いくぜ!








0 件のコメント:

コメントを投稿