今日の修理:brother P-5000


今日の修理は、鹿児島県鹿屋市のお客さまの刺しゅうミシン。
brother P-5000 です。

小さくてかわいいミシンですね!
ただ、そのぶん縫製能力が犠牲になっているので、
タオル地や厚物、硬いものをがしがし縫うには向いていません。

でも、セカンドミシンとして、
持ち歩き用にこういうミシンがあってもいいんじゃないかと思います。
あくまで「サブならば」ですけれども。

「縫えなくなった」と持ち込まれたミシンは、
上軸と下軸をリンクさせているギアが抜けた状態になっていました。
頑強なミシンならなんなく縫い上げる素材も、
このクラスのミシンには厳しい負荷となるんです。

プーリーを手動でまわして力まかせに縫わないこと!ですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿